Amazon Ad

2011年4月28日木曜日

厄介な人

@ikedanob
孫さんが商売のために放射能の恐怖をあおっているというのは間違い。彼は純粋な正義感でやっている。だから厄介なのだ。
と、もっと厄介な人が申しております。

2011年4月27日水曜日

専門外にはなんのことだかわかりませんが...

これは高橋(洋)先生が正しい。(現代ビジネス)東電を潰さない政府案では国民負担10兆円、解体すれば0.9兆円で済む http://t.co/t0NSCxd
珍しく全員一致 RT @DeficitGamble: これは高橋(洋)先生が正しい。(現代ビジネス)東電を潰さない政府案では国民負担10兆円、解体すれば0.9兆円で済むhttp://t.co/t0NSCxd
回覧“@ikedanob: 珍しく全員一致 RT @DeficitGamble: これは高橋(洋)先生が正しい。(現代ビジネス)東電を潰さない政府案では国民負担10兆円、解体すれば0.9兆円で済むhttp://t.co/InHXwHK
デタラメさで一致したわけか。http://bit.ly/f4pvsg RT @mikeexpo: 回覧“@ikedanob: 珍しく全員一致 RT @DeficitGamble: これは高橋(洋)先生が正しい。(現代ビ… (cont)http://deck.ly/~LMewp
→で、gion_market氏の引用している記事がこちら: デタラメなこと言って信頼を損ねるのは本当にやめてください>高橋先生

池田信夫センセーのお墨付きも付いて、信頼度はさらに(略

2011年4月25日月曜日

内角高めですが、ビーンボールではない。落ち着け。

いや〜、今日のTwitter Stormは池田信夫センセーの釣り球に引っかかった人達の阿鼻叫喚で溢れかえっておりました。
池田信夫 blog : 微量の放射線は人体に無害である http://lb.to/gizHBO
そこから貼られているセンセーの記事が、これ→微量の放射線は人体に無害である

記事を読めばわかりますが、これは人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス) [新書]という本を紹介しているだけなんですよね。しかも、はじめの方では
微量の放射線の影響は癌にかかる確率が上がるだけなので、検出がむずかしい。日本人の約50%は癌にかかるので、特定の母集団でそれが1%上がっても誤差の範囲に入ってしまうからだ。
という話も取り上げています。

つまり、池田信夫センセーはこのブログの題名を「微量の放射線が人体に与える影響はわからない」と書くべきだったのですが、それではあまりにも刺激がないので「人体に無害である」と衝撃的な断言をしたのでしょう。その方が脊髄反射的にTwitterで反論したり、おいおいまた無茶いってるよとRTしたりする人が増えて、池田信夫センセーのブログにより多くのお客様が集まるからです。

皆さん、こういう内角高めの玉はもっと冷静に受け流しましょう。

2011年4月22日金曜日

自転車をもっと経済面から分析してくださいよ

http://twitter.com/ikedanob/status/61413287056781312
う~ん、また自転車を撤去された。自由が丘駅の半径1kmはすべて撤去。すごい作業だったと思うけど、もう少し生産的な仕事に税金を使ってよ。

そう。「また」なんですね。2009年にも自転車撤去されてますよね。
ただ、2009年の時と違って今回は建設的な発言もされています。

私は太陽エネルギーとか風力発電には何の幻想も持ってないが、自動車を自転車に代えれば、GDPは減るかもしれないが、環境も人々の健康も改善し、「幸福」は増えると思う。
人々はもっと自転車にのるべき。そのとおり。しかも「幸福は金(GDP)では買えない」という実に鋭い指摘もされている。さすが経済学者。

  • アメリカ人自家用車の40%は2マイル(3.2km)以下の移動に使われている。通学、通勤、買い物など。
  • 現在、アメリカの自転車産業は年間380億ドルの規模(4.3兆円)
  • アメリカ人が2マイル以下の移動に自転車を使うようになれば、自転車産業は年間3000億ドルの規模になる(39兆円)
  • さらに肥満などの慢性疾患が減ることで、医療費が大幅に削減される
上記は2007年に聞いたお話。年間3000億ドルというのはアメリカの経済規模からするとカスみたいなものですが、自転車屋さんという小規模な事業者がアメリカのあちこちに立ち上がることで、ささやかながらも持続可能な雇用が生まれる、という効果も大きい、という説明も受けました。その分、国や州が雇用維持するための費用も減ります。

等々という部分まで池田信夫センセーには分析していただきたかったですね。

2011年4月18日月曜日

カツマーは不安をマネタイズし、ノブオは...

勝間女史が「不安をマネタイズ」したというのは秀逸 RT @agora_japan: アゴラ : リスクと不安 http://agora-web.jp/archives/1309801.html
勝間女史というのは写真の人のことと思われますが、私は彼女のことよく知らないのですよ。リフレーション政策の時にとんでもないことを言ってるなぁ、と思った程度で、彼女が原発推進派とかそういうのは気にしたことなかったです。

まあ、そんな人を「(人々の)不安を収益につなげている」と批判しているノブオちゃんはどうなのよ、と指摘するのがこの記事の目的なわけですが...

きのうは33万PV。aicezukiを上回る私のブログの最高記録。疲れたので、もう寝ます。
彼は観客間の意見対立を煽って、そこからブログに誘導しPV稼いでいるようですね。いわば「人々の対立をマネタイズする」名人と言えましょうか。

 財政問題、為替問題、デフレ vs インフレ、リフレーション政策、原子力政策、ペット救済、東電の今後...もちろん、こういう問題で人々の間に意見の差が生まれ、議論が活発化することはよいことだと思っています。

でも、煽るだけ煽っておいて「聞く耳持ちません。ブロックします。」というのは建設的ではないですね。

関連記事: 池田信夫を捨てる勇気

2011年4月15日金曜日

ブロックするぞ

他でしたら「いいね」とか「Like」あるいは「パチパチ(拍手)」となっている部分ですが、当ブログでは「ブロックするぞ」となっております。しょうもないと思ったらクリックしてください。

理解出来ないのではなく説明する気がなかったのでは?

切込隊長による、勝間和代女史が寝返った件(いい意味で)という記事でカツマーが反原発の立場を打ち出したという話は聞いていたが、一方でこんな事件も起きている...
私をK女史と一緒にしている人がいるが、前からいっているように私は「反原発」だったのです。今回の事故までは。こんな想像を超える津波でもchina syndromeが起こらなかったというのは大変な福音。しかしそれを理解している人はほとんどいない。
いや、理解していないとかそういう問題じゃなくてさ。どういうことか問い詰めようとすると、かたっぱしからブロックしてたのはノブオちゃんのほうじゃん。説明する気がないのに「しかしそれを理解している人はほとんどいない」なんていえるのは、さすが偉大なる経済学者池田信夫センセーですね。

ちなみに「今回の事故までは」という微妙な一言で、いつでも原発推進派に切り替えられる含みも残しております。さすがです。

次世代に負担を残さないことが我々の義務ではなかろうか

小生のTwitterにおける発言を二つ。

積算放射線量を測定するくらいの神経質な人なら、他の有害な化学物質の累積摂取量も当然押さえてますよね?

癌化要因がすでに確定している(が、それを自覚していない)大人たちが今さら低量の放射線曝露にびくびくしているのは、冷静に考えれば滑稽な風景だわな。
これらは釣り気味ではありますが、真面目にそう考えているから発言しただけなのであります。狂牛病の時もそうだったけど「米国産牛肉がヤバいから規制しろ」みたいな動きになったはいいが、それまでに食べた米国産牛肉がどれくらいだったかとか、そもそもどれだけ食べれば狂牛病になるのかとかお前らどれくらい考えたんだよ、と突っ込みたいところはありました。それほど病的なまでに神経質になって米国産牛肉(の特定部位)を避けていた日本の様子は理不尽かつ滑稽で、米国産牛肉使いまくりのブリトーや脳みそ入りタコス食いながらニュース見てヘラヘラ笑っていましたよ。

で、今回。

企業のタバコ部屋でタバコをプカプカ吸いながら放射能汚染を不安そうに語り合うメタボリック症候群全開おじさんたちを描写するTweetは私も何度も目にしましたが、これって面白いですよね。結構な確率で慢性疾患か癌にかかりそうな人達が、微量の放射性物質による内部被曝による癌発症確率の上昇を恐れる... ブレーキが壊れている車に乗っているのにその事実には気づかず、バックミラーの向きばかり心配している、みたいな。

タバコは一例なわけでして、私達は日頃の生活で身体によくない物質を多かれ少なかれ取り込んでいるわけです。僕らの世代なら中国やソ連の核実験でばらまかれた放射性物質もそこそこ浴びているはずだし。極論すれば、各自の寿命は決まっていると思って良い。もちろんそれは人によって異なるし、それがいつやってくるかは今はわからない。でも、今さら微量の内部被曝が追加されたところで、その寿命は大きくは動かないでしょう。にも関わらず、十年、数十年先の癌発症率の増加を妙に心配する人達がいる。私はそれが滑稽に思えて仕方ないのです。

この辺でヨード剤買いあさったアメリカ人も然り。アホ。
おまえは今まで浴びた放射線の量をおぼえているのか?

私は62歳、20年後に癌になっても平均寿命。放射線など怖くもなんともありません。野菜も魚もR指定にすれば、もりもり食べて生産者と盛り上がります。福島にR指定ボランティア特区ができればどんどん入ります。だけど、子どもや若者はなんとしても守らねば
もちろん、赤ちゃんや子供、あるいはこれからお母さんになる女性は話が別でしょう。子供達には未来があります。この人達は保護されるべきだし、きちんとした情報公開や周囲の支援が必要と信じています。



えーと...

なんでこんなことをノブオ総研で書いているのかというと... 経済学者であり原発専門家でもいらっしゃる池田信夫氏が「原発は安全か否か」「原発は経済的に合理的か否か」という視点でしか語ってくれないことを憂いているからであります。しかも安全か否かはどうやら死亡率でしか考えていないようだし。反論する側もそれに乗っちゃって、もうなにがなんだか。

なぜ死亡率を考えるのでしょう。それは「死」という出来事に対するこだわりがあるからだと私は考えています。死んだら、それまで。だけど、いつ死ぬかはわからんわけですよ。明日事故に遭うかもしれない。実はもう癌を患っているのに検知されていないだけかもしれない。死神はいつやってくるかわからんのです。

そういう人それぞれの人生を「100万人あたりの死亡件数/年」みたいな統計で片付けちゃうあたりが、やはり経済学者なのかな、と。

死ぬ前に

人はいつ死ぬかわかりません。死んだらどうなるかもわかりません。「無」になるのかもしれませんし、「あの世」に行くのかもしれません。いずれにしても戻って来られないのですから、死んだらそれまでです。だから私は死を恐れます。

正確には「後悔しながら死ぬこと」が怖いのです。

ここでいう後悔とは、もっと旨いもの食べておきたかったとか、もっと遊んでおけばよかったとか、もっといいクルマ乗りたかったとか、そういう物欲ではなく、精神的なものです。自分は無信仰なので天国も地獄も信じませんが、昔の人達が「地獄に堕ちる」と表現したような状態では死にたくない、とは考えています。

もちろん、自分は聖人君子でもないし、とても善人とはいえません。そんな微悪人であっても、次世代の負担で自分達の利益を最大化する、という考えには賛同できないのであります。

福島第一の処理費用はもちろん、これまでの原発の廃炉費用、使用済燃料の最終処理費用に加えて、現時点でもどんどん積み上がる財政赤字、年金負担などなどを次世代に押し付けて死んでいく、というのは自分にはあまり気持ち良いものではありません。この上にさらに、子ども手当の財源まで国債で子供達に押し付けたら、もうそれは冗談としか思えない気持ち悪さです。

だけどそういう大きな問題には触れず、東電けしからんとか、放射能怖いとか、大局的にはどうでも良い問題に私達は振り回されるわけです。池田信夫氏然り。彼に釣られる人達然り。

我々の世代にできること、片付けるべきことをそろそろ明確にしておくほうがいいと思うんですけどね。

2011年4月13日水曜日

アゴラというサイト

言論プラットフォーム・アゴラというサイトがある。

アゴラの「本サイトの説明」には

当サイトは個人ブログではなく、複数の専門家による「言論の市場」を提供することによってウェブ上の言論を活性化し、専門家と一般市民をつなぐことをめざすものである。
と書かれており(強調部分はMasa Nakamuraによる)、創立メンバーには
池田信夫(管理人)
という名前が記載されている。「ウェブ上の言論を活性化し」「専門家と一般市民をつなぐ」サイトの管理人ですよ。そんな人が
などという態度でTwitterに参加するから、色々と物議をかもすのかもしれませんな。

2011年4月11日月曜日

性格を推定してみる

福島第一は「チェルノブイリ」ではないというのは、のぶりんが原発専門家ではないとの同じくらい当たり前の話だと思うのだが、なんで皆さんTwitterでつっかかっているのだろうか。この釣りのウマさこそ、Digital Panhandlerたる池田信夫氏の強みなのだろう。

それはともかく、氏がksk_twt氏のこのTweetを公式RTしていたのは中々笑えた。結構おちゃめな性格なのね。
上杉隆の閣議決定の件、きっこの都知事が東電株主の件、どっちも事実ではなく煽る言質なのにさらにいい訳を糊塗する醜悪さ。8割の真実に2割の嘘を混ぜる。嘘がばれると開き直るもしくはスルー。実に醜い。

2011年4月10日日曜日

ブロックされた場合の対処

Twitterでブロックされた程度でめげていたら池田信夫の研究などできない。幸い、世の中には便利な道具が色々ある。自分が気に入ってるのはTwitter用アプリケーションのTwitterStorm。登録してあるキーワードでリアルタイム検索し、結果を次々に表示してくれる。

「池田信夫」「ikedanob」などで登録しておけば、池田信夫氏本人の発言だけでなく、彼へのMentionやRTなども全部リアルタイム表示できる。めまぐるしく表示が更新されるとき、池田信夫は臨界状態か暴走モードにあると思って良い。ちなみに今日は電源評論家になっていたようですね。



同じくAndroid用の高機能TwitterアプリケーションであるTwiccaと連携させると吉。

氏のTwitterブロックリストはどうなっているのか?

先程までブロックが外されていたので、のぶちゃんのTweetを眺めることができた。

http://twitter.com/ikedanob/status/57048348535955456 によれば
無限ループになりそうなので、またトゥギャりました。同じ質問には答えないでブロックします。http://togetter.com/li/119760
なのだそうな。なんて横着者なんでしょ。

不思議なのは、池田信夫氏からのブロックが時々外されているという事実。邪推だが、Twitterのブロック機能には上限があるのではないか。そして、短気ですぐブロックするのぶちゃんはこの上限に容易に到達してしまい、古い方から適当にブロック解除しているのではないか。

ちなみに以下の投稿をして数分後、無事に(?)再ブロックされた。やっぱこうでないとのぶおちゃんらしくない。
http://twitter.com/masayang/status/57196735075848192
誰かのぶちゃんに高速中性子線を。 RT @: 放射線というから得体の知れない恐いものと思うかもしれないが、紫外線より波長の短い電磁波にすぎない。WHOによれば、年間6万人が紫外線による癌で死んでいる。太陽も禁止しなきゃね。http://ow.ly/4wY0s

2011年4月9日土曜日

これまでの記事

これまでの池田信夫氏関連記事。

「池田信夫を捨てる勇気」を書くちょっと前から、このBloggerを使った池田信夫ネタ専用ブログを立てる構想は固まっていました。あれを初回記事にすればよかったかな、とも思っております。

基本的には彼がTwitterで暴走モードになったら、そこでネタを得るという所存ですので、投稿は不定期になります。ご了承を。

2011年4月7日木曜日

ご挨拶

本ブログはmasayangの日記分室です。経済学者である池田信夫氏について不定期に執筆していきます。